古風舎生活

田舎でいなからしく、イナカ風に

工事契約完了  

 昨日、才本氏立ち会いの下、地元の工務店と契約した。当初予算よりオーバーした。耐震補強で60万円(これは補助金で帰ってくるので関係ないが)。薪ストーブをホンマ製からSCAN製にして47万円UP。暖吉くんの設置で26万円UP。
契約書
 あと農業用倉庫分の支払いがまだある。まーどうにかなるか。
 工事は16日から始まることになった。
スポンサーサイト

Posted on 22:25 [edit]

category: 設計依頼

tb: 0   cm: 0

見積もり  

 見積もりを依頼していた工務店より見積書が届いた。才本氏と一緒に開封した。おおむね予算額に近い額を提示した工務店が2社。もう1社はかなりかけ離れた額だった。設計会社で詳細額を詰めてもらい日曜日に契約となる予定だ。

Posted on 23:06 [edit]

category: 設計依頼

tb: 0   cm: 0

現場説明会  

  先日、現場説明会を行った。予定通り午後3時より3業者が集まり才本設計士さんより概略を説明し、私は簡単に挨拶をしておのおの各部屋を見てもらった。見積期間は2週間、その間に質問事項があればやりとりを行ってもらい26日の夕方に開札ならぬ見積額の確認を行う予定だ。一つの業者に決定し見積もりをとることもできたが、こちらも一応は施主なのだから業者を選ぶ権利もあると思い、見積もりを出してもらって適正な見積もりを出した業者と契約することにした。
 3業者は地元の工務店と才本さんより紹介のあった隣町の2社となった。古民家再生が得意不得意な業者もあると思われるのでじっくり選んでいきたい。

現説

Posted on 21:33 [edit]

category: 設計依頼

tb: 0   cm: 0

後片付け  

RIMG1045_convert_20120311161711.jpg
 リフォームのため片付けをしていたら大学時代の教科書が出てきた。全く身に付いていないものばかり。今更こんな事を勉強していたのかと見入ってしまった。財務分析とか企業形態とか企業立地とか全くいまの仕事と関係がない。大石義雄先生の「日本憲法論」の講義はまだ記憶に残っている。先生は出席をとる代わりに一眼レフのカメラで写真を撮っていた。日本の首都は京都であるのが持論だった。もったいないが廃品回収に出そう。

Posted on 18:00 [edit]

category: 設計依頼

tb: 0   cm: 0

薪ストーブ  

蜀咏悄竭。+1_convert_20120306222357
   暖房は薪ストーブ。薪の調達が大変になるが,一つの楽しみとして考えればやりがいになる。この地域は針葉樹林ばかりになので杉檜が中心になる。設計士さんに機種の選定をお願いしている。その要件は、杉檜の薪となるのでその火力に耐えうる物。調理ができる物の2件。輻射式、対流式のタイプがあるそうだが壁の近くに置くには対流式タイプがいいらしい。
   朝の寒い時期に誰が最初に火を入れるのかが心配だ。また、メンテが大変になって置物状態になってしまうのも心配。腰痛が悪化し、薪が作れなくなるのも心配。心配だらけだがそれでも薪ストーブだけは譲れない。施工費込みで100万円ぐらいするらしい。「ヒエー・・・。もっと安いのないの。」

a0509.jpg

Posted on 22:30 [edit]

category: 設計依頼

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

分類

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

リンク