古風舎生活

田舎でいなからしく、イナカ風に

屋根の仕上げ  

 ガルバニュウム鋼板葺き工事が始まっている。

 タテハゼ葺き。以前の鋼板と比べてシンプルな感じになっている。
RIMG2658_convert_20120830205340.jpg
RIMG2678_convert_20120830205503.jpg

 内装工事も進んでいて、床張りが順次進んでいて、西側の部屋から始まって、今玄関のあたりまで出来上がっている。
RIMG2659_convert_20120830205535.jpg
 縁側の床と天井、物置ももうすぐ完成する。
RIMG2668_convert_20120830205435.jpg
スポンサーサイト

Posted on 21:16 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

家族旅行  

 遅い夏休みを取って、家族旅行へ出かけた。
目的1,次男がまだ海へ行ったことがないと言うことなので、泳げるところ。
目標2,うまい魚が食べられるところ。
目標3,広い風呂があるところ。
目標4,釣りが出来るところ。・・・と言うことで「夕日ヶ浦温泉」に決定した。



 久しぶりの家族旅行。泊まりの旅行は2.3年ぶり。次男は近くのプールには毎週行っているが、未だ海で泳いだことがなく、しきりに行きたがっていた。日本海の水はきれいだった。ほかの家族は日陰で待機し、オヤジと二人で泳いだ。10年以上海水浴に来たことがない計算になる。
RIMG2580_convert_20120827211415.jpg

 食事は、大変おいしく頂いた。刺身がうまいのはたまらない幸せだ。それと、仮住まいの生活がもう5ヶ月近く続いているので、広い部屋と、そして5ヶ月ぶりの足ののばせる広い風呂。う・・なんという幸せ。
RIMG2592_convert_20120827210731.jpg

 「夕日ヶ浦温泉」の名前の通り、夕日が美しかった。

RIMG2607_convert_20120827210947.jpg
RIMG2616_convert_20120827210916.jpg

 

 次の日は、近くの釣具屋さんに教えてもらって、あじ釣りに行った。日陰のある、漁協の倉庫から釣り始めた。
 

RIMG2630_convert_20120827211055.jpg

 豆あじが釣れるは釣れるは。オヤジはえさを入れる役と、魚をハリからはずす係に徹していた。
RIMG2638_convert_20120827211135.jpg 

帰りに、天の橋立によって帰宅。疲れたが、リフレッシュできた休日になった。
RIMG2650_convert_20120827211218.jpg

Posted on 21:49 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 0

三角形のペアガラス  

2階のサッシがはめ込まれた。見晴らしはいいだろうが、風あたりも激しいだろう。屋根にガイナを塗る予定だがこれだけ開口があったらやっぱりエアコンはいるだろうな。

 破風の三角部にペアガラスも入った。下のリビングの明かり取り。

RIMG0317_convert_20120825205205.jpg

 ストーブの煙突の屋根貫通部分だけ先に設置されていた。子どもの頃、このあたりに五右衛門風呂があって、藁屋根の横から煙突が出ていたのを思い出した。煤がよく煙突から飛んでいたな・・。足場が悪そうで、こんなところで煙突掃除は出来るのだろうか。
RIMG0321_convert_20120825205037.jpg


Posted on 21:09 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

天空の城  

 お盆休みに「天空の城」竹田城へ行ってきた。
石積みのみになっているが、その石積みがまたすばらしい。
穴太積み技法による石積みと言うものらしい。



 駐車場から城趾まで歩いて20分ほどかかる。暑い中、汗だらけになりながら登っていった。



RIMG2449_convert_20120821214533.jpg

 
登ってみるとすばらしい眺めが待っていた。山城らしい急峻な山頂に立派な石積みが広がっている。


RIMG2460_convert_20120819215419.jpg 


 「夏草や兵どもの夢の跡」・・・


RIMG2468_convert_20120819215308.jpg

Posted on 21:45 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 0

式台復活する  

 縁側に取り外された式台が転んでいたが、再び玄関に復活した。
RIMG1565_convert_20120820205349.jpg

 棟梁が一人でこつこつと作業をしていた。昔からあるケヤキ?の式台だ。一度取り外し、土間コンを打ったあと復活した。

 ちょっとくたびれているが、クリーニングすると蘇るだろう。今度は直線的ではなくL型になる。
RIMG2479_convert_20120819210516.jpg

Posted on 20:53 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

残暑厳しき中  

 お盆が過ぎ、朝夕は少しばかり過ごしやすくなってきている。
日中は相変わらず暑い日が続いている。お盆休みが終わり、工事が再開した。1階の外回りのサッシが入り、屋根は前のトタンがはずされ、ゴムアスシートが貼られた。

 北側の屋根もかなり出っ張っている。こうなってから近所の人と出会うと「がいよう(具合良く)しょってやな」とか、「いつ頃できるんヤ、見学会あるんか」とか前より増して声をかけられるようになった。
 目立つ屋根になった。お盆の間には、近所の建築士さんから2階を見せてほしいと見学の要望?もあった。
とにかく、近所にない屋根の形になり非常に目立ってきた。

RIMG2431_convert_20120819210321.jpg

Posted on 21:28 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

屋根工事はじまる  

 屋根工事が始まっている。前の瓦風の鋼板が撤去され、杉の下地を打ち直し、ゴムアスシートを張り、その上にガルバニュウム鋼板が張られる。

 破風も取り払われ、そこに明かり取りのペアガラスが入る予定。屋根の切り込みは煙突が入るところ。チェンソーが壊れたので薪の準備が進んでいない。 新しいチェンソーがほしいが高いな・・・ どうしよう。
RIMG2372_convert_20120810230107.jpg
 破風につけてあった家紋。記念に残しておこう。
RIMG2366_convert_20120810230039.jpg

Posted on 23:53 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

2階の様子  

 2階の屋根も葺かれ、柱、梁の長尺の材木も無くなり、現場もすっきりしてきた。

 2階分には、子ども部屋が3つとトイレが出来る。藁屋根がほとんど無くなるのは少し寂しいが、雰囲気は少しは残るだろう。

RIMG2345_convert_20120808213014.jpg

 サスと柱が複雑な形で合体している。 古民家の改修はこんなところに手がかかるのだろう。丸山棟梁は暑い中丁寧に仕事をしてくれている。
RIMG2346_convert_20120808213222.jpg



Posted on 22:11 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

2階が開通  

 南と北側から2階部分が屋根から出てきた。
外観の趣が変わってきた。

 北側からもごらんの通り大きな口を開けた。
RIMG2324_convert_20120805172110.jpg

 中を見ると昨日まで屋根を支えていたサスが切られ、構造材にボルトで結着されていた。
RIMG2305_convert_20120805172247.jpg

 太いサス丸太と新しい2階の桁が何カ所もボルトで止められている。
RIMG2309_convert_20120805172420.jpg 

 150年以上も屋根を支えていたサスは一部を残してごらんの通り切断された。材を見ると杉が使われており、棟梁によると、煤のおかげで虫も入らず今まで保ったということのようだ。芯割りのように亀裂が入っているが、その中の奥までびっしり煤が入っている。薪にするのももったいないような気がしてきた。
RIMG2331_convert_20120805172457.jpg

Posted on 17:27 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

ひさしがニョキョと  

 庇がニョキョと出てきた。
昨日荷揚げが済んだと思っていたら、丸1日で庇が出てきた。

 2階の庇がトタンの屋根を突き破り飛び出ている。
RIMG2292_convert_20120804215633.jpg

 
サスの間を縫うように、2階の構造材が縦横に組まれている。
RIMG2296_convert_20120804215440.jpg 

 サスの四角錐の間に、新しい四角い箱を入れ込んだ形になっている。
棟梁もこんな工事はしたことが無く、設計士さんも初めてだそうでどうなることか心配だったが
ここまで出来ればもう安心だろう。さすが、経験豊富な棟梁だ。
RIMG2298_convert_20120804215607.jpg

見晴らしはこんな感じ。かなりの高さになった。  
このあたりにない雰囲気の屋根になるようだが、完成後が楽しみでもあり、少し不安な感じもある。
RIMG2301_convert_20120804215523.jpg

Posted on 22:31 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

分類

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

リンク