古風舎生活

田舎でいなからしく、イナカ風に

椅子のリノベーション・・3(修理)  

 塗装方法をいろいろ試してみた。ベンガラを柿渋に溶かし刷毛で塗ったすぐ拭き取ると、マホガニー調になり、また、塗装屋さんに紅色のベンガラをもらい試してみた。仕上げも、柿渋を塗る物と亜麻仁油で拭き取る物も試した。6脚あるがそれぞれ別々の仕上げになった。
 座面の作成に取りかかる。前のクッションは使えないほど傷んでいたので、ネットで少し堅いウレタンチップと柔らかいスポンジを買った。ウレタンチップは厚さ30MMを2枚、その上にスポンジを厚さ10MMを1枚入れることにした。座面の布もネットで購入。前のクッションを型にして型取りする。
RIMG3694_convert_20121127214747.jpg   RIMG3697_convert_20121127214721.jpg

 しわにならないように順番にホッチキスの大きい物で止めていく。 形を整えて、余った布を切りそろえて完成。
RIMG3700_convert_20121127214821.jpg  RIMG3701_convert_20121127214846.jpg

 しかし、実はまだ2脚しかできていない。あと4脚の座面をこれから作成する予定。テーブルの方も・・
RIMG3723_convert_20121127214939.jpg
スポンサーサイト

Posted on 22:17 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

椅子のリノベーション・・2(修理)  

 
 どうにかこうにか塗装を剥ぎ取った。左の写真は施工前と施工後の様子。右の写真は両方とも塗装を落とした物だが、左が剥離剤でそぎ落とした物、右がサンダーで無理矢理取った物。
 RIMG3572_convert_20121127214602.jpg

 塗装し直したらどうにかなるだろうと、今度は再塗装に取りかかる。やっぱり、柿渋にベンガラを溶かし塗ることにした。 無臭の柿渋にネットで買った黒のベンガラを適当に入れ、様子がわからないのでべっとりと塗ってみた。
RIMG3340_convert_20121127213152.jpg

 乾かすと下の右側のようになった。なかなかおもしろい。乾燥した後に、上から柿渋だけを塗り重ねてみた。  
RIMG3346_convert_20121127214019.jpg

 少し、光沢も出てきたようだ。色落ちが心配だったが、まあ、あとで磨いたらいいだろう。というわけで・・・・続きはまた。
RIMG3430_convert_20121127214115.jpg  

 


Posted on 22:20 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

椅子のリノベーション・・1(修理)  

 長い間使っていたリビングの椅子を修理してみようと計画した。新しい物を買うとしたら一万円はするだろう。そういい物でもないが、捨てるのももったいない。クッションもへたっていて、フレームも塗装がはがれている。
  RIMG1996_convert_20121127212451.jpg

 クッション部分を取り外し、布カバーを破ってみたらクッションも汚れていて再利用できないようだ。座面はあとから修理することにして、木製のフレームを塗り直すことにした。
RIMG2005_convert_20121127212527.jpg  RIMG2006_convert_20121127212609.jpg

 先ず、サンダーとヘラで塗装をはがしてみた。ある程度はがれるが、なかなかきれいにならない。それに時間がかかりすぎる。どうにか足を1本やってみたがもう大変。
RIMG2047_convert_20121127212654.jpg  RIMG2051_convert_20121127212727.jpg
 
そこで、塗装の剥離剤があることが解り、これを試すことにした。これを刷毛でべったり塗りつけ、しばらくしてからヘラで剥ぎ取る。これはなかなかスムーズに剥がれる。が、・・・6脚もあるし、1脚の塗装を剥がす時間も、作業量もかなりの物になる。コツコツ作業を続けることにした。・・・・・・続きはまた。
RIMG3244_convert_20121127213012.jpg  RIMG3247_convert_20121127213057.jpg

RIMG2080_convert_20121127212845.jpg

 

Posted on 21:22 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

コンクリートブロックが漆喰塀に  

 外構の工事が残っている。このごろ天気が悪いので左官屋さんも段取り通りに行かないようだ。ぼろぼろのCB塀がもうすぐ完成する。
コンクリートブロック

 塀の傾きも無事に直り、天端に瓦が乗り漆喰が塗られている。
漆喰塀  漆喰塀

 改修前と見違えるような塀になった。塀の漆喰と二階の漆喰壁が古民家には美しすぎるコントラストを放っている。
 秋らしくなり、周囲の山も色づき始めた。この地域は山の上まで桧と杉が植林されていて、秋になっても紅葉しない。一部、どうしても植林できていないところが紅葉する。
 子どもが幼い頃、キリンさんと呼んでいた山も紅葉が浮かび上がってきた。火の見櫓の向こうの山に、ちょうどキリンの首のように毎年現れる。紅葉の季節もまもなく過ぎ去り、しばらくすると雪の白の季節になる。
 
紅葉キリン  紅葉キリン
 
 

Posted on 22:50 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 2

弁柄の色落ち  


 柿渋に弁柄を入れて古色塗りをしているが、その黒の弁柄が色落している。拭きがあまいのかウエスで拭くと真っ黒になる。
弁柄色落ち

 色を定着するため柿渋と亜麻仁油を塗ってみた。ウエスである程度拭き、まずキッチンから取りかかった。
柿渋

 柿渋か亜麻仁油かどちらを塗ろうかと迷い、試しにキッチンは柿渋を刷毛でたれないように気をつけながら少しずつ塗ってみた。
柿渋塗り 柿渋塗り

 あまりにも時間がかかるので、リビングの棚は亜麻仁油をタオルに染みこませ拭くように塗ってみた。効果は乾燥してからになる。柿渋の方が光沢が出ていいかもしれない。
亜麻仁油塗り

Posted on 22:26 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

大工さんよりのプレゼント  

 内覧会の時、思わぬプレデントがあった。工事を手伝っていただいた大工さんより床机を貰った。
床机

 今まで使っていた床机があまりにもボロだったので、見かねてのプレゼントだと思われる。桧の天板で昔ながらのホゾ組で作られている。ホゾにくさびを打ってがっちり止められている。 軒下にぴったりの大きさだ。感謝・・感謝・・・床机

Posted on 22:22 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

灯りに和紙を  

 すべてではないが、一部の照明に地元の杉原紙を使って貰っている。リビングの照明はLEDランプを和紙で巻いて電気屋さんに製作してもらった。  
和紙カバー 和紙カバー

 二階の子ども部屋の照明も、蛍光灯に簡単に和紙でカバーをするだけでおしゃれな照明が出来上がった。
 時間があったら和紙と煤竹を使ったランプシェードも作ってみたいと思っている。
和紙カバー 和紙カバー

Posted on 21:10 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

造作下駄箱  

 造作の下駄箱の紹介。杉の集成材で大工さんに作ってもらった。下駄箱の壁は左官屋さんに灰中を塗って貰った。この時は工具入れに。 
造作下駄箱

 建具屋さんに扉を付けてもらい、電気屋さんに間接照明の明かりを付けて貰った。そして、塗装屋さんにベンガラを塗って貰った。
造作下駄箱

 最後に、用意した杉原紙をシナ合板の上に建具屋さんに張ってもらった。 そして、完成。
下駄箱

Posted on 22:37 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

かみの家 内覧会2日目  

 内覧会の2日目。昨日と比べると天気も少し持ち直し、晴れたり時雨れたり。昨日よりたくさんの見学者が来たようだ。社長によると2日間で200名ぐらいになるそうだ。才本設計士さんの名刺もたくさんあったが今日ですべて無くなったようだ。
内覧会

 入り口のところに手作りの看板が出来上がった。今日も、社長、設計士さん、棟梁、左官屋さん、電気屋さんたちも来てくれた。才本さんによると、篠山で内覧会のときは20名ぐらいしか来なかったそうなので今回は盛会だったようだ。竣工までもう僅か。次の休みは引越作業になりそうだ。
内覧会看板   内覧会2日目

Posted on 18:36 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 2

かみの家 内覧会  

 内覧会の一日目は朝から生憎の雨。社長と社長の奥さん、棟梁と才本設計士さんたちが来て、内覧会が始まった。
私も朝から家族でどこかへ行こうと話していたが、知り合いとか近所の人たちがやってきてくれたので、話をしていたら昼前になっていた。
内覧会

 才本設計士さんが、プロジェクターを持ってきて、工事中の写真を映してくれた。スクリーンがないのでちょうど床の間の土壁がベストポジションということでそこで設定した。床の間には掛け軸もいいが、映写会をしてもおもしろいなー・・と共感。私は家族と今度新しく入れたい家具を見に昼前に出かけたが、今日は60名くらいのお客さんがあったようだ。どのくらい工事の注文があるのだろうか。
内覧会

 午後に家具屋さんに寄って、前から欲しかったソファーを注文した。カリモクの「WU4503」。発注してから制作するため、納品まで一ヶ月ぐらいかかるらしい。値段もなかなかの物だが、思い切って注文した。予算の関係でテーブルまで手が出ない。また、オークションの中古でいいか・・・・。
カリモク 長椅子

Posted on 20:23 [edit]

category: リノベーション

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

分類

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

リンク