古風舎生活

田舎でいなからしく、イナカ風に

農業倉庫解体 5日目  

 土壁もあと1面だけになり、ここまで来ればハシゴも脚立もいらない。解体完了が見えてきた。 
RIMG6739_convert_20141214222929.jpg

 竹と、土と綿縄を分別。壁土は田んぼへ還元。・・・・・実はここで5日目が終了。午後から会社の仕事へ・・・・・。後片付けはおやじがやってくれた。
RIMG6742_convert_20141214223031.jpg

 解体5.5日目。骨組みだけになっている。
RIMG6747_convert_20141214223110.jpg

 でも、梁は長い松材を使っているので慎重に1本ずつロープをかけて下ろしていった。
RIMG6748_convert_20141214223131.jpg

 ・・・・・・が、梁を1本取ってしまうと、基礎の羽子板金具も腐っているので一瞬の間にバランスを崩し倒れてしまった。離れの家の方だけへは倒れないように支えを付けておいて助かった。
RIMG6751_convert_20141214223235.jpg

 ここで半日が過ぎ、ちょうど5日間が過ぎた。あとは、柱を片付けるだけになったが、またもや腰痛が・・・・・。
RIMG6753_convert_20141214223300.jpg
スポンサーサイト

Posted on 23:00 [edit]

category: 農業用倉庫

tb: 0   cm: 0

農業倉庫解体 4日目  

 腰痛がひどくなったり、土日には伊勢講、いとこ会などがあり、やっと解体作業に取りかかれた。
 土壁と屋根には棟木と母屋だけが残っている。
 IMG_20141206_104041_convert_20141206231219.jpg
 棟木だけになった屋根を、ロープを使って1本ずつ降ろしていった。
  IMG_20141206_112946_convert_20141206231324.jpg
 

 次は、土壁。
胴縁をノコギリで切断し、外側から棒きれで押してみると・・・「土壁ドン」。
RIMG6726_convert_20141206231712.jpg


 あとは、竹小舞を分解。竹と藁縄だけなので、簡単に分別できる。でもこんなにひとつずつ編んだものだ。
かなりの竹の量と、手間。
RIMG6731_convert_20141206231632.jpg

 建物の3面の土壁を落とすことが出来た。

RIMG6734_convert_20141206231502.jpg

 解体した小舞壁の竹は腐っていなく、弾力もある。少々土が付いているが、ストーブのたき付けでもしよう。
RIMG6736_convert_20141206231419.jpg

Posted on 22:58 [edit]

category: 農業用倉庫

tb: 0   cm: 0

無意味な仕事  


  夏の村日役でペンキ塗りをした東屋のベンチが、何者かに見晴らし台の上から投げ捨てられていた。

RIMG6705_convert_20141202221734.jpg
RIMG6707_convert_20141202222537.jpg

 そのままにしておけないので数名で片付けに出かけた。
何のために、何が気に入らなくてこんなひどいことをするのか。ベンチが気に入らないのか。自然の中に人工物である東屋があるのが気に入らないのか。・・・・

RIMG6703_convert_20141202221808.jpg 
RIMG6708_convert_20141202221938.jpg
 

 いろいろ考えるが理解できない。
 仕方がないので、4人で東屋の上まで人力で運び上げることにした。かなり急な斜面を足元が悪い中、4台のベンチを運び上げた。1台は足の丸太が破損している。
RIMG6718_convert_20141202222031.jpg 

 破損部分は鎹で補修し、投げ捨てられないようにチェーンでテーブルと固定した。これで大丈夫。こんなことに、休日は過ぎていくのであった。

RIMG6719_convert_20141202222052.jpg

Posted on 22:20 [edit]

category: ご近所

tb: 0   cm: 0

農業の将来は  

 少子高齢化。過疎の村。後継者不足。放棄田。・・・・・・・・・
ネガティブな言葉はいくらでも用意できる。
そんな地域農業の将来のため、近隣の営農組合の視察に出かけた。


 営農組合といっても既に去年から株式会社にしている。メンバーは、60才以上のリタイヤばかり。 
RIMG6661_convert_20141201215450.jpg

 しかし、地域農業を守る意気込みと情熱は高く熱い。

RIMG6666_convert_20141201215522.jpgRIMG6667_convert_20141201215556.jpg


 
 
 定年後、地域のためにこれだけ熱心に農業に取り組めるか。

RIMG6670_convert_20141201215620.jpg 


 
 昼食は、塩田温泉で。ごちそうをよばれ、温泉に入り満足・・・・・
RIMG6673_convert_20141201215649.jpg

Posted on 22:32 [edit]

category: 農業

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

分類

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

リンク