古風舎生活

田舎でいなからしく、イナカ風に

春の海 ひねもすのたり のたりかな  

 神戸に住む同級生とひょんなことから釣りに行くこととなった。
同級生は神戸で会社を興していて、その従業員たちの家族の一員に混ぜてもらって会社の慰労の釣り大会に参加したわけ。
 集合が南あわじ市の「じゃのひれ」に、朝7時。計算して、4時に起床し4時30分に次男と二人で自宅を出発した。

薄暗い中、明石大橋を渡り釣り場へ急いだ。西淡三原インターを降りると田園地帯に入った。何か匂いがすると思ったらタマネギのにおい。何か健康に良いような空気が漂っている。
RIMG0446_convert_20150331223511.jpg 

 7時前にようやく釣り場に到着。
釣りは、一時期渓流釣りにはまってよく行っていたが、海釣りは家族旅行で行ったアジ釣り以来。
同級生のゆーちゃん曰く、この時期は2匹釣ったら良い方。

RIMG0451_convert_20150331223609.jpg



竿と、エサはゆーちゃんが準備してくれていて、さっそく釣り始める。
はじめは、ささ身をつけて挑戦。次男がさっそく鯛をゲット。続けて2匹も釣り上げた。ビギナーズラックとはよく言うが、オヤジも負けていられない。

RIMG0456_convert_20150331223823.jpg 
RIMG0462_convert_20150331225208.jpg
RIMG0463_convert_20150331223535.jpg


 結局、午後1時まで二人で鯛を12匹釣り上げた。
RIMG0465_convert_20150331223342.jpg 

RIMG0470_convert_20150331223422.jpg



魚を三枚におろしてもらい2時ごろ解散した。
RIMG0472_convert_20150331223655.jpg 

費用はかなりいるが、なかなか面白かった。次男も思っていたよりもたくさん釣れて満足していた。帰りに淡路ハイウェイオアシスで遅い昼食の釜揚げしらす丼をいただいた。
RIMG0479_convert_20150331223717.jpg




春の穏やかな海を見ながら、楽しい一日となった。
スポンサーサイト

Posted on 22:48 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 0

原木調達に  

 ようやく山の雪も解けたと思っていたら、急に春らしくなってきた。来年度の薪を調達にいつもの山へ出かけた。

 お供は、STIHLMS241と復活した新ダイワ407の2台。2つあると何とも心強い。
RIMG0386_convert_20150324225904.jpg


                   コナラを1本伐倒し、玉切りに取り掛かる。久しぶりの作業は足腰にひびく。
RIMG0387_convert_20150324225928.jpg

 む・・・。重量オーバーか? 本日の収穫。チェンソーは目立てが命である。
RIMG0390_convert_20150324230003.jpg  RIMG0401_convert_20150324230025.jpg

Posted on 23:18 [edit]

category: 薪ストーブ

tb: 0   cm: 0

腹腔鏡手術  

 昭和3年生まれ86歳のオヤジから突然腹が痛くなったので病院へ連れて行ってくれと職場に電話があった。
2月18日にオヤジと近くの病院へ出かけた。おなかを押さえると痛く、小便も黄色くなっているという。CT検査を受けることになり、撮影の結果胆嚢、胆管に石が溜まっているとのこと。緊急に入院することになった。
辟。鬘契convert_20150322234350


 病名は、胆石症。まずは、内視鏡で十二指腸から総胆管に詰まった石をとる手術をすることになった。点滴を受けながら、 数日後、総胆管の結石をとり、チューブを入れて簡単に手術は済んだ。ここまでは内科の担当。一旦退院し、その後大腸の内視鏡検査、胃の内視鏡検査などを受け、異常のないのを確認後外科での胆嚢摘出手術となった。「全身麻酔での腹腔鏡下手術で摘出する。胆嚢が癒着していれば開腹手術に切り替える。癒着率は4%くらい。」などCT,MRI,などの写真を見ながら説明を受けた。
soutann-04.jpg

 折しも、群馬大学医学部附属病院で腹腔鏡を使った肝臓の手術で、患者8人が手術後に相次いで死亡した事件が報道されていた次の日であったため、手術の安全性、必要性など不安になり尋ねたが、「この手術は胆嚢であり、動脈血管も2本しか通っておらず簡単な手術。」とあっさり言われた。手術時間はすべてが終わるまで2時間30分くらいで済んだ。摘出された胆嚢を見せてもらった。15cmくらいのひょうたん型でかなり弾力性がありハサミで切って中身を出して確認してもらったが、紫色した砂のようなものと黒い石が出てきた。これが胆石のようだ。
手術後4日で退院。ますます元気になり、すぐに歩きまわっている。

Posted on 23:52 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

分類

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

リンク