古風舎生活

田舎でいなからしく、イナカ風に

3台目  

 新ダイワ407のオイル漏れがひどくオークションを見ていたら手ごろなチェンソーが出ていた。新ダイワE353D落札。ガイドバーがついていないけどエンジンは快調。

ガイドバーは407の物を使えないか試してみたが、全く合わない。
RIMG0249_convert_20150627223555.jpg

E353Dはかなり前に製造中止になっているらしく、ネット上でもほとんどヒットしない。たまたまオークションで353に合うガイドバーを見つけ購入した。
RIMG0735_convert_20150627223430.jpg
インテンスバー?バーにソーチェンの張りを調整できる機能がついている。ソーチェンは241の予備をつけようと合してみたがこれも合わない。またまたオークションで25AP-76Eを購入。これは消耗品だからしょうがない。
RIMG0774_convert_20150627223448.jpg 


ソーチェンを装着し、本体のチェンテンショナーで張りを調整し(インテンスバー機能は不要)、ようやく、3台目のチェンソーが完成した。エンジン快調で十分使えそうだ。

RIMG0780_convert_20150627223509.jpg 

RIMG0782_convert_20150627223525.jpg
スポンサーサイト

Posted on 22:40 [edit]

category: 薪ストーブ

tb: 0   cm: 0

防犯カメラ  

 また心無いものによって東屋のベンチが投げ捨てられていた。人力により再度運び上げた。

 鎖とかすがいでテーブルと結着させていたが、すべてのベンチを手すりを乗り越し投げ捨てていた。
RIMG0517_convert_20150610221633.jpg
そこで、最終手段。防犯カメラを設置することになった。防水型で乾電池で動き、画像はSDカードに収録される優れもの。
RIMG0721_convert_20150610221124.jpg


枝打ちはしごを使って、木の上に設置した。が、・・・・・これでどのぐらいの画像が撮れるのか?
RIMG0723_convert_20150610221227.jpg

 まあ、何もしないよりましか…。これだと、目の前に防犯カメラがあるとは思わないだろう。犯人を捕まえることはできるか。
RIMG0725_convert_20150610221252.jpg

Posted on 22:45 [edit]

category: ご近所

tb: 0   cm: 0

今年の煙突掃除  

RIMG0635_convert_20150601233111.jpg
 もう初夏のような天気が続いている。あれだけ恋しかった薪ストーブにも誰も近寄らなくなり、冬仕様のままおいている薪ストーブの周りと、恒例の煙突掃除を行った。
RIMG0638_convert_20150601233151.jpg
薪ストッカー?を片付け、灰を搬出し耐熱坂を取り出し、ほうきと掃除機できれいに灰と煤を掻き出した。
RIMG0662_convert_20150601233500.jpg
煤受けにペール缶を置いて屋根の上から煙突掃除。今年はかなりたまっていると思っていたが・・・まあ、去年並みか。ブラシを挿入してゴシゴシ。何か胃カメラ写真みたい。
RIMG0643_convert_20150601233246.jpg 

 RIMG0648_convert_20150601233312.jpg  RIMG0651_convert_20150601233343.jpg  RIMG0661_convert_20150601233407.jpg

室内の煙突を取り外し、覗いてみると、ダンパーあたりにはかなりたまっている。今年の冬は、よくダンパーを使ったためか。ドラフトが少なかったのもこのためだったか。
RIMG0667_convert_20150601233524.jpg  RIMG0672_convert_20150601233603.jpg

RIMG0674_convert_20150601233634.jpg

今年の掃除の収穫はこの量。去年よりはたくさんたまっているが思っていたよりは少ない。
 例年だと、煙突を元に戻して終了するが、今年は少しメンテを行った。天板の上にやかんの跡の錆びが浮いてきている。スポンジ研磨材で磨き錆を落とし、先日買ってきた耐熱塗料を吹いてみた。新品のようにきれいになった。
RIMG0680_convert_20150601233715.jpg   RIMG0683_convert_20150601233809.jpg 
RIMG0687_convert_20150601233833.jpg 

次に、取れかけていたガスケットロープを取り、残っているボンドをマイナスドライバーとブラシで削り取った。シリコンヒートボンドをマイナスドライバーで塗り込み、新しいガスケットロープを装着。ウーン、いい感じになってきた。
RIMG0691_convert_20150601233953.jpg 
RIMG0693_convert_20150601234010.jpg 
RIMG0697_convert_20150601234036.jpg 


あとは、ストーブの表面にオイルを塗ってみることに・・。オリーブオイルとか、蜜蝋とか塗るといいとどこかに書いてあったが、弁柄を塗った時に使ってまだ残っている亜麻仁油を塗ってみることにした。塗ってみると光沢が出て、今度こそ新品のようになった。これで梅雨の季節も問題なく越せると思う。


 RIMG0707_convert_20150601234152.jpg

Posted on 22:29 [edit]

category: 薪ストーブ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

分類

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

リンク