古風舎生活

田舎でいなからしく、イナカ風に

バッファゾーンで薪収集  

 我が家の周りの山ではバッファゾーン整備が行われている。動物と人との緩衝地帯。
 動物と言えばイノシシだったが、近年シカが異常に増加している。鹿の増加に伴い、今までいなかったヒルがこれも異常に増加した。今年に入ってからは熊の目撃情報も入るようになった。シカはいいが熊は怖い。小中学生はカバンに鈴をつけて登校している。そんなわけで、夜間のウォーキングや山での薪の調達は控えている。

 


 そんな熊の出没にも気を使いながら、裏山のバッファゾーンで薪拾いを行った。杉と桧ばかりだがたまに広葉樹が残っている。山の所有者に許可を入れ、2時間ほどウロウロと…・・・・・。

DSC_0174_convert_20161204223119.jpg


 杉と桧はいくらでもあるが、広葉樹はこれだけ。まあ、近場でこれだけ採れればいいか。
DSC_0181_convert_20161204223235.jpg

 早速持ち帰り玉切り。
DSC_0182_convert_20161204223258.jpg

スポンサーサイト

Posted on 23:18 [edit]

category: 薪ストーブ

tb: 0   cm: 0

コンクリート舗装  

 今年から村で「土木係」という役をやっている。村内で村が管理している土地の草刈りや、川の周りの草を刈る「川刈」、林道、作業道の周りを整備する「山道つくり」、などの日役の段取りを行う。今年は、数年ぶりに作業道のコンクリート舗装を自治体の補助をもらいながらすることになっていた。

 距離200m 幅3m コンクリート厚10cm で、生コン60㎥ 10tアジテータ車で15台。
 路盤整備の段取り、型枠、出役者の段取り等当日に向けて準備を行っていた

DSC_0083_convert_20161201214618.jpg  

 前もって、打設区間の区割り(3m×13.3m)、型枠を固定する鉄筋の準備、ワイヤーメッシュの分配。
DSC_0159_convert_20161201214737.jpg    DSC_0161_convert_20161201214806.jpg

 そしてコンクリート打設当日。天気もまずまずだが寒くなり霜が降った。出役者17名。
 これまでは問題なく進んだと思われたが、生コン1車目が上がってこない。道路勾配はそれほどきつくないが朝の霜のためか路盤がぬかるんでスリップし始め、カーブの手前で止まってしまった。
 ユンボで引っ張っても無理。そこで、15車のところを11車で約53m距離を縮め生コン車の登ったところから打ち始めることにした。
RIMG2021_convert_20161201214838.jpg  

 生コンを均し仕上げにほうき目を入れる。型枠班は10㎝の貫板を順番にはずしては組むを繰り返す。
RIMG2031_convert_20161201214925.jpg 
RIMG2023_convert_20161201214857.jpg

 そんなこんなで昼休みをとらずどうにか午後1時ごろに最後の生コン車を待っていたがなかなか来ない。途中で前輪が脱輪して立ち往生していた。
RIMG2036_convert_20161201214947.jpg 
 それを引き上げるのを約1時間ほど待っていてやっと立派な舗装が完成。トラブル続きの1日だった。

RIMG2048_convert_20161201215008.jpg   RIMG2050_convert_20161201215026.jpg

Posted on 22:17 [edit]

category: ご近所

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

分類

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

リンク